gottaNi ver 1.0


基礎データ

個体名

真名はRyw/Ryh(リュウ)/『雷火』の意味を持つことから、現代語における名称を「鳴神/鳴雷 (ナルカミ)」としている。
通常は、その存在が伝説級であることなどの事情から、通り名である「司雷(シライ)」で呼ばれる。

種族とか特記事項とか

種族は魔晶。神魔いずれにも属さない。
遥か古い時代に、とある術者が魔力から創造した、魔晶としては珍しい意図生成の個体。

技能

種族技能として、法術。主として雷撃の操作、破壊の系統の術式に長ける。言霊師であるため、これといった苦手はない。基本的には雷で、稀に焔雷。

戦闘は後の先をとる事が多く、ほとんどの場合一撃で終わってしまう。

職業

神(司神)
古い時代の、強大な力を統べる存在、としての『神』で、信仰とは無縁の存在。

初期メンバーの一人。対外的な場では戦闘担当の主戦力としてよく知られており、一撃必殺のオーバーキルを常としていたため、極めて強い畏怖の対象とされている。

外見

年齢は、10代後半、17~18歳ほどの姿が基本。細身で、一見して性別の判断しにくい外見。
瞳は水晶を思わせる深い紫、髪は白銀、足まである長髪。

上位魔晶の例に漏れず、顔立ちは非常に整っている。

性格

極めてやる気のない性情。口数は少なく、表情も能面じみている事が大半。昔から感情の振幅が少なかったが、次第に眠ることが多くなっていき、覚醒時も反応に乏しく感情が希薄になっていった。

退屈を嫌っていたが、現存する中で最強の能力を誇る魔晶であったため、たいていの物事を難なく処理してしまい、意外性とは縁のない生活を送っていた。ゆえに虚脱感が強く、厭世的になっていき、果ては何も感じずに済むよう眠り続けるまでに悪化。
叶わぬ望みは「自らの命を終わらせる事」くらいで、いつからかずっと、その望みを叶える事のできる存在を待っている。
存在そのものにかけられた制約のため、自ら死ぬ事は出来ない。が、その制約すらも既に苦痛の原因とはならず、ただ「事実」として認識しているだけ。

その他

メタ通称、ねるねる。寝るから。
るなりの育ての親そのいち。さまよえる祟り神だった子るなりを見出し、自己の消滅を対価としてるなりをくそったれなおガキさまに鍛え上げた、ある意味での元凶である。
いきなり「いつか俺を殺して下さい。そのためなら貴方に総てを教えることさえ惜しみはしません」とか取引を持ち掛けるだいぶ狂ったムーブをかました。まぁるなりも笑って引き受けちゃったんだから、どっちもトチ狂った異端だったということである。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-25 (金) 18:55:20