gottaNi ver 1.0

 名前のない世界、遍在し点在する場所に、その《ライブラリ》は在る。あるいは、その《ライブラリ》が世界として、在る。
 洋館、宮殿、塔、洞窟、温室、テラス、庭園、地下室、トンネル、廊下、天空、水底――あらゆる場所につながり、あらゆる場所から繋がり、あらゆる場所とつながった『それ』は、時には整然と本棚の並んだ図書館であり、時には読みかけの本ひとつを残して忘れられた小部屋であり、時にはページの切れ端を敷き詰めた花道であった。
 散らかった物語の破片を収めて、今日も《ライブラリ》は、誰かとつながる。
>> lib_fragments
はらはら紙片が舞い落ちる。花のように落ちて積もり、雪のように積もって消える。この断章たちもいつか読み解くことができるのだろうか。
伸ばした手には気休めほどの重さが掠めて、それもすぐに風へ帰っていった。
ちらちらと文字たちが宙を舞う。ここでは永遠に物語たちが踊るのだろう。
今日はゆるゆると時が過ぎる。白でまとめられた瀟洒な書斎にまだ夜は来ない。はて、昼はもう過ぎただろうかと窓を見やるも、日は高く、どうやらこの王国の時間は亀の歩みという気分らしかった。
それならそれで、断章を読み集めるにはちょうど良い。日が落ち眠りの使いが来るまで書に浸ろう。
>> leaves
孵らない可愛い哀しい卵
いつか割れてしまうのに
貴方は今日も愛を捧げて
私は今日も悪巧みをして
いつか割れるそのときに
わたしたちも壊れましょう
可愛らしい硝子玉のように
可哀想に瞬き散りましょう
砕け降り積もる光の欠片
いつか真実の瞳を貫いて
貴方の捧げた愛を注いで
私の仕掛けた謎を解いて
いつかその瞳が瞬くとき
わたしたちも発つでしょう
いつか卵が巣立ったように。
「このヘビモドキがっ!」
「……何? それ」
「アホ大将。」
「ああ、似てる似てる。アオダイショウっぽいアオダイショウっぽい」
「そーかー、それでヘビモドキかー」
「いや、誰かアホっての否定してやれよ可哀想だから」
>> dehyca_code
#術式言語 (仮)
発音が二通りある単語は基本的に「イ」の発音を《より強い》《明確な意志》の籠もる発音とする。
Lyは「りゅ」「り」、Deは「で」「でぃ」、esは「えす」「いす」のはず。
いずれにしても文字として綴られた際には区別されない。
Ly リ/リュ モノとしての『私』/意思としての『私』
De デ/ディ モノとしての『君』/意思としての『君』

es エス/イス 呼びかけ/命令

es De
[エス ディ]であれば「やぁ、君」程度、[イス デ]なら「おい、そこの」、[イス ディ]だと「ちょっとあんた」くらい、かなあ

es単体での使用は呼びかけ。したがって音は[エス]で、これは無視しても許されるレベルの「ねぇ」「ちょっといいかな」的な呼びかけとして使われる。

「es 固有名詞」は呼びかけの強さによって[エス]あるいは[イス]。
「呼び止める」意思が乗った場合は「止まれ」「こちらを見ろ」といった命令の意味合いが強まるので[イス]になる。

「es 動詞」であればほぼ命令なので発声は[イス]。
>> memolog
+解消人制度
下級と中級は申請すれば通る感じで、上級は審査が入る。で、特級は審査の上で個体情報の登録が必要。
審査内容は業務に関わりが深い分野の法律知識、レベルは大陸法くらい分かってれば良くて地方レベルまでは不要かなぁ。戦闘メインの業務内容で申請すると実技チェックが入る場合あり。
個体情報は魔力波長が分かれば良し。多いのは微量の血液、自力で波長モデルを生成できる連中は結晶化した魔力、を管理担当に提出です。呪詛られるリスクがあるので提出窓口は厳密に管理。
いずれの等級も定期的な業務報告が必須で、登録時に管理番号の振られた迷子札(違)を授与される。
特級のみ全情報管理が大統府管轄、あとは各地方が大統府からの委託って形で処理してるっぽい。武器の購入や出入国で管理番号を控えられる事はあるけど、日常生活では殆ど使わないしチェックもないから二重登録とかは割と良くある話。
冷邏は中級の輸送業で一個、特級の異種交渉及び法術戦闘で一個。堕栗花は公式だと医療関係者として下級登録、だけど特務がらみとかで動く時には特級登録の情報使ってる。退位後の鬼暗は地元用に下級、でかいヤマ用に上級を別申請して使い分け。
登録のメリットは、武器購入だの出入国だのがスムーズになる、仕事の斡旋が受けられる、役所関係の手続きを一部代行してもらえる、とか。
デメリットは、下手に動くと行動履歴が丸分かりになる、登録情報の照会とか業務報告とかが必要になると数日足止めされる、ってな所?
適用範囲はエレボス大陸全土の全種族、規定は大陸法の管轄、主管は総括府。
書庫はひとつの記述から生まれたという。真偽は定かではない。
長く、幾つもの物語が綴られ、その幾つかは断片として書架へ収められ、別の幾つかはまた異なる断片として書庫の世界に溶けていったそうだ。
そうして、書庫は幻の王国となり、未知に饑(かつ)える旅人を捕らえる魔都となった。
>> ss
「そうだねえ…じゃあ良い子のみんなに、クリスマスにまつわるお話をひとつ」
「わー」
「むかしむかし、あるところに、それは悲惨なプロジェクトがありました…」
「!?」
「出だしから重い!!」

「残念ながら、この冬は休めないと思ってほしい。マネージャーは言いました。そのぶん、ゴールデンウイークは長く取れるようにする。しかし現場の士気はあがりません。なぜなら、みんな知っていたからです、このプロジェクトが落ち着くその頃、自分たち下請けはもう次の現場にいるだろうと」
「しんどい」
「つらい」

「ある夜、現場の惨状を見かねた上の人から『せめて元旦くらい、みんなゆっくり休みなさい』というお達しがきました。そうです、サンタクロースはこんなところにいたのです。少し遅い、とても温かいクリスマスプレゼントでした」
「……イヤな…」
「……予感がする…」

「悲劇は数日後に起こりました」
「やっぱり!」
「ぜってー何かあると思った!!」
「サーバーダウンはいやだ…サーバーダウンはいやだ…」
「svnサーバーが、突然お亡くなりになったのです」
「ぅああああああああああ!!」
「ぎゃあああああああああ!!」

「……なんの話なんですか、これ」
「クリスマスIT社畜惨禍」
「クリスマス空いて…?賛歌??」
「クリスマスIT社畜惨禍。こう書いて、こう書いて、こう」
「……( ゚д゚)!?」
青年はその昔、参拝者で賑わう冬の町を、震えながら歩いていた。さむかった、とぼんやり思い返す、幼い日の記憶だ。
浮き立った空気、祝辞に溢れた店先、誰もが暖かく幸せそうに笑う晴れの日に、笑うことも泣くことも出来ず、震えていた。

どこをどう辿ってそこへ行き着いたのかは、はっきりしない。

焚かれた炎がひどく眩しく、独特の甘い匂いがとても優しそうに思えて、もう回らなくなっていた頭と歩き疲れた足で、ふらふら誘われていったのは何となく記憶にある。
不思議と、境内には人がいなかった。ここはきっと、自分のような『幸せそうでない』ものがいても大丈夫なのだと、安堵する。
詰めていた息を吐き出した時、鼻先を、ほんの一瞬だけ掠めた香りがあった。
今ならそれも、梅の花、蝋梅の香りだと分かるが、当時はただ、穏やかな匂い、と感じたくらいだった、だろうか。
ひどく気になってあちこち見回し、人影を見つけた瞬間のことは、覚えている。
…ああこのひとだ、と、確信した。

たどたどしく、『きれいな花のにおい』がしたことから、どこへも行けない、帰れないことまで、一切を話し…そうして、正月の迷子は、救われた。

撫玲香、と屋号を決めた青年は、もう笑って新年を迎えられる。

……という感じでブツ切りの雑多なメモやネタをもりもり放り込んだライブラリです、もりもり増えます。