gottaNi ver 1.0

>> leaves -log a

この場に至って、どうか幸せでいて欲しいと思うのは独善だろうか。
この後に及んで、どうか幸せであって欲しいと願うのは愚かだろうか。


残されたチカラ、
そこに在るコトバ。
笑って手放す、
いつかの永遠。


笑顔の安売り
命の切り売り
それがぼくらの生きる道。


「その先」を求めた、限りを知らない貴方に。


鮮やかな終焉、緩やかな永遠。
穏やかに過ぎる、密やかな滅亡。
涼やかに響いたのは、軽やかな笑い声。

冷ややかに、総てが通り過ぎてゆく。



夢の数だけ 僕は強くなる
思い出の分だけ 僕は強くなろう

いくつかの 楽しい事と嬉しい事
唄って
歌って
明日のために また眠ろう

君と共にある未来 祈って

笑って


蒼褪めた白い月、微睡む透明な星。


その全てが必要な事

その全ては不確かな物


蒼天の桜 散り逝く春
年毎邏る一時の夢

春宵一刻、値千金

翻って堕つ花吹雪
世の流転の象徴たるや


咲いて散るが定めとあらば、密やかに朽ち、眠り果てん。


そこに正しさは在りますか。
失くした誓いは何ですか。

忘れていた夢は、見つかりましたか。


人の想いは途絶えたの 遺るのは神の痛みでしょう?


誓いを踏みにじって、
     病んだ笑みが嗤う。
どこまでも鮮やかに残酷に
痛みだけが此処に在って
願いも祈りも誓いも望みも
     あなたすらいない。

満ちるのは、乾いた棘。


貴方の居ないまっさらな世界で。
夢を見て そして眠りましょう。


その愚かさに慣れるには、もう少し時間が要るようです。
それまでに、貴方がこの愚かさに慣れて下さる事を、切に祈り。


どうか 振り返らずにいて下さい
どうか 繰り返さずにいて下さい
それぞれの路を往きましょう


さようなら。
どうぞ全てを忘れて下さい、
さようなら。

君のコト、決して嫌いではなかったのだけれど。

でもね やっぱり、
さようなら。

いつか笑いつつ擦れ違おうね、
気付かずに。

あの日に歩いていたその場所で。

だから これで
さようなら。


その涙を全て飲み干して
込み上げる吐き気は押し殺し ただ歌おう。


死ぬなら死ぬで構わない。この思いなどその程度。


躊躇い無く総てを断ち切る其の強さ、行く先に在る願いは余人の知る所では無いのでしょう。


僕たちの中に満ち満ちた言葉は、いずれ溢れ出して総てをズタズタにするだろう。
どうか真っ先に倒れ伏すのが、目の前の貴方でありますように。


「向こう側」を知りたいというだけの理由では、足りないのだろうか。
「あの人の傍へ」なんて理由の方が、転嫁の分だけ罪深い筈なのに。


無造作に放り投げたその言葉が、何処へゆくか考えた事はありますか。


貴方を振り切る時だけは 何が起きても変わらない確信のもとにいたい。


降り積む青白さに総てを混ぜて いずれ来たる光で何もかも融けて。


いずれ滅びる全てに懸けて、それでも貴方を。


ゆらゆらとゆるやかにゆがんでゆらいで ゆめをみる
ゆううつに
ゆきばもなく ゆくさきもなく ゆっくりとゆうりして ゆらゆら
ゆめみたいなゆるやかさ ゆくさきなんてゆめにもみないで

すこし ゆかい。


祈りの行き着く先は夜
永久に広がる黎明は高く 地に充つ宵闇はなお深く
終の名と対の唄だけが 明けもせず続く仄明かりを貫いて。


夢の果てと世の果てと。
夜の向こうの闇を見て、
朝焼けの美しさを唄う貴方。
眼の奥に宿る苛烈の色は
夕暮れの空間にあって酷く強い。
輝き始める天の狼も
同じ名を誇るように全てを焦がす。

焼き焦がすもの、輝くもの。


声など届かない。願いなど叶わない。
死ぬ事でだけ救われると信じるんだ。
たとえ愚かだと嗤われても。
死の瞬間にだけ笑おう。


救いなどない。
それでいい。


殺す事と生きる事が同義なら。


祈りも呪いも同じこと、願うだけで叶うなどと夢を見る愚かさは変わらずに。


あなたが誇ることのできないわたしなら、いらない。

きみを失ってしまえるようなわたしなど、いらない。


永遠を、思う。 ただ遠く。


あなたの中から零れ落ちた言の葉
それはいつも
この心の表層を滑り落ちてゆく言の端

一向に耳へも頭へも記憶へも落ちない

それは
そのあまりの軽さ故にだろうか
それとも
そのあまりの空虚さ故だろうか


笑う貴方はいつだって穏やかだ
そう評された控えめな微笑

全く同じ笑みを見て
ああこれは冷笑と失笑をごまかした笑いだな、と僕は苦笑した。


撤退ではない、転進だ。
妥協ではない、合意だ。
詭弁じゃない、言葉の綾だってば。


解っているなら吐ける筈がない戯言を、解ってるよと笑いながら撒き散らす。
その耐え難い優しさを善意を良心を、履き違った幻想だと切り捨ててしまいたい。
甘い甘い夢はもう終わったのだと、スポンジケーキのような頭にナイフを入れる。
フォークも使って綺麗に取り分け、ミルクティーでも添えて食べさせてしまおうか。
皿に残ったいくつかの欠片は、よく洗って泡に溶かせば弾けてそれっきり。
素敵な思いつきにひとり微笑んで、さあ、パーティーの準備を始めよう。


君は多分、首だけにしても頭と口だけで歌い続けるんだろう。
口を縫い合わせてしまおうか。頭を潰してしまおうか。

どっちが良いかなと問う声に、笑う囀りが軽やかに答える。

困った貴方の耳と目を、利かなくしてしまえば済むだけの事。
歌う声も聞こえず唇も見えなければ、ほらお互いに幸せなまま。


時を裁け咎人よ、永劫が全てを支配する。


限を望め剣持つ者よ、死も畏れも彼方のものとなるまで刃を棄てることなかれ。


孵らない可愛い哀しい卵
いつか割れてしまうのに
貴方は今日も愛を捧げて
私は今日も悪巧みをして
いつか割れるそのときに
わたしたちも壊れましょう
可愛らしい硝子玉のように
可哀想に瞬き散りましょう
砕け降り積もる光の欠片
いつか真実の瞳を貫いて
貴方の捧げた愛を注いで
私の仕掛けた謎を解いて
いつかその瞳が瞬くとき
わたしたちも発つでしょう
いつか卵が巣立ったように。


「このヘビモドキがっ!」
「……何? それ」
「アホ大将。」
「ああ、似てる似てる。アオダイショウっぽいアオダイショウっぽい」
「そーかー、それでヘビモドキかー」
「いや、誰かアホっての否定してやれよ可哀想だから」


「鬼ですか、あんたら」
「……や、鬼の方が何ぼかマシだと思いますよ、実際」
「鬼だなんて、ねぇ……現状認識アマ過ぎて泣けてきちゃうヨ。砂糖吐いちゃうネ。」


「最低だ……最悪だよ、お前ら!!」
「イェイ☆」
「任せろ。」
「誉めてねーっつの。」
「僕ら的には誉め言葉~」
「……もう末期ですね、この人達」


「しかしアレだな」
「んー?」
「この買収劇を知ったら、憤死するんじゃないかアイツは」
「……」
「……」
「万々歳だな、その展開は」
「教えてこようよそれちょっとさー」


「いいか若者、過去は振り返るものじゃない、振り切るものだ。」
「そ、そうだったんですか……っ!」
「騙されんな。そしてそこ、騙すな。」


「なー、今の店員さん誰? コイビト?」
「……にしては、お前なんか顔が暗いな」
「知らない人だって。初対面だって!」
「なぁ、何でそんなに怯えてんの?」
「……別れ際にな、『きっとまた来てくれますよね、良さが分かりますよ。顔、覚えましたから』って……」
「怖っ! お前、それ絶対やばいって!」
「逃げろ! とりあえず逃げろ!!」
「だろ!? ヤバいよな、ヤバイよなっ!?」


この空の果てに君がいるというのなら。

この穹の涯、そこに貴方がいるならば。


「おまっ……なんでそこでそういう行動に出るんだ、アホだろ!?」
「失敬な! こちとらいつでも全力投球でバカですよ!?」
「どっちにしろおつむ弱い子ですよねえ、ちょっと」


「アクティブに腐ってやがる……」
「……アクティブ……?」


世界に爪立て生命を嘆き、全てを呪うその前に。
譲れぬ想いを強く刻んで、
楽園などなくても構わないと
幼い頃に見た夢を 泣きながら紡いだその願いを
光に向かって投げ棄ててしまおう。
楽園など今はもう 望む必要はないのだと。
笑って。
此処に在る祈りだけが救いだと。