gottaNi ver 1.0


基礎データ

個体名

真名はSephiCl(セフィクル)/『風視』の意味を持つことから、現代語における名称を「涼風(スズカゼ)」としている。
通常は、その存在が伝説級であることなどの事情から、通り名である「司風(シフウ)」で呼ばれる。

種族とか特記事項とか

種族は魔晶。神魔いずれにも属さない。
遥か古い時代に、とある術者が魔力から創造した、魔晶としては珍しい意図生成の個体。

技能

種族技能として、法術。主として風(気体)の操作、複雑な術式に長ける。簡潔なやり口を好む事の多い風属性の術者としては珍しく、手間をかけて仕掛けを用意して敵対者を追い込んでゆくやり口を多用する
基本的には風を操るが時に足技を繰り出し、多くの場合は他者の補助に当たる。複合攻撃の効率から、冷氷や朱煉と組んだ戦闘が多い。

職業

神(司神)
古い時代の、強大な力を統べる存在、としての『神』で、信仰とは無縁の存在。

初期メンバーの一人。対外的な場に出てくることは珍しく、外からは謎の存在と見られていることが多い。

外見

年齢は、20代前半、中性的な姿が基本。
瞳は淡い茶色、髪は明るい金茶で、首の下あたりでゆるくひとまとめにした長髪。

上位魔晶の例に漏れず、顔立ちは非常に整っている。

性格

放浪癖を持つうえに気まぐれで、原則的に周囲の迷惑というものに頓着しないため、行動を予測する事は不可能に近いとされている。発言の裏やその真偽も読めず、まして思考となると混沌の域。
語順の前後する話し方をし、基本的にやる気のうかがえないテンポで行動する。どんな状況だろうと自らのペースを崩す事はなく、その割に随分とノリがいい。

読書……というか知識の蓄積をライフワークとしている節がある。無駄なところで怒涛の如く語り、必要なところで要領の得ない短文を操る、最悪な使い道の博覧強記。
神界が封鎖された後も制止を無視して出掛けてばかりいるため、能力の高さともあいまって、一般的な魔晶からは敬遠される事が多い。

その他

風霊王を従え、咲月皇家最後の皇に使役を許した経歴を持つ。
鳴神が封殺されてからは、紡偽の行動に干渉できる唯一の司神。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-25 (金) 19:02:50