gottaNi ver 1.0


基礎データ

個体名

梭星 天狼(ヒボシ・テンロウ)

種族とか特記事項とか

人間(契約種)

技能

魔術(基本は炎、簡単なものなら雷も)
剣術(一般的な長剣を使う)

職業

統治者(鬼見城帝国の王)

外見

髪:くすんだ黒 睛:暗い青(右)、暗い緑
身長:-- 体重:-- 外見年齢:20代半ば
生年月日:不明 年齢:??? 男

性格

何かを信じるという事が苦手で、武器を隠し持つ事を得意とし、常に二重三重の策を巡らせる。何事も信用するまでに時間がかかり、情勢や感情に流されると言うことは非常に稀。加減をするという事も少ない。
その一方で家族や友人といった「身内」を大切にし、それら「信頼した相手」とはできうる限り誠実に向き合おうと努める情も持つ。

その他

中身はわりと苦労をしょいこむ感じ

もとは第61代天泣王トゥバンが迎えた二人目の養子で、第四子。天泣王室で王族としての教育を受けていた。

28代エレボス皇帝が即位する事となった一連の騒ぎに関わり、独断で国の兵を動かした事を理由に王位継承権を放棄。その直後、鎮圧に尽力した功績をもって鬼見城帝国の統治者となる。鬼見城の帝室である梭星家の婿養子となる事で、先帝に替わって帝位に就いた。このへんは裏でいろいろあって、表向きそうなっている、という感じ。

天泣王室にいたころの生活は普通に普通だったため、帝国に移ったあともうまいこと天泣との連携をとれており、このへんは帝国の中でも「天泣なんぞから来たやつだけど、まぁ悪い事ばっかでもなかったな」みたいな感じでそこそこ評価されている。
うまいこと天泣を制御して堅実な治世をひいている……そんな外野の声とは裏腹に、天泣と鬼見城……というか実家と嫁の家との間、で板挟みになって頭を抱えることも多々。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-08-11 (水) 23:48:09