gottaNi ver 1.0


置き場所不明のメモをとりあえず放り込む場所

三月界

用語(魔法系)

不可逆呪式

フカギャクジュシキ:
主として意識操作系の呪法に使われる言葉。解呪が不能な形式の呪法を指して言う。
記憶に干渉する呪法であれば、記憶が破壊される……呪法を解いても記憶は戻らないという事。
意識に干渉する呪法であれば、干渉される前の意識は消されるという事。呪法を壊せても、以前と同じ精神状態には戻らない、情緒不安定な状態になったり……。
対処法は、呪法が発動して効果が現れる前に、その呪法を破壊(相殺)する事。呪法が完成してしまった場合は、呪法を解いた後、損なわれた情報を再構築して埋めなおす事になる。
理論を見つけ出すのも、構成を編むのも、発動させるのも、制御するのも、全て困難な高位魔術。

純魔術

ジュンマジュツ:
使用する魔力全て、現象への変換を封じた呪法の事。一切の物質・現象を素通りし、ただ魔力のみに影響する。
この呪法を目標を定めずに行使した場合、周囲の存在全てに対して無差別に影響を与えるため、連鎖的な律崩壊を誘発する可能性が極めて高い。
 物体を目標物とした場合は、対象となった物体内の魔力のみに影響を与える。ただし、呪法が目標物へ向かう際、その進路上に呪法に抗う方向性を持つ(つまり呪的な)存在があると、その存在に対しても影響を及ぼす事になる。
範囲を目標物とした場合、領界内にある全ての存在へ影響するが、その外へは余波すら及ばない。しかし、影響力が均一であるため、領界内の特定物のみに重大なダメージを与えたり、影響を逸らしたりと言う事は不可能である。
 基本的に、物体目標に対しては術者から対象への直線、範囲目標に対しては対象を核とした半球の軌跡を描く。

律崩壊

リツホウカイ:
律の崩壊と、それによって引き起こされる存在崩壊を指す。
全ての存在は、固有の魔力所有印(魔力波長)を持ち、同時に種族的な枠組み(存在律)に縛られている。その二つをあわせた、視認出来ない……光学的・物質的な目には見えない構造が律。
存在崩壊は、意識体が残らないという点において、魔力を奪われた事による物質崩壊とは異なっている。どちらも、イメージとしては、一枚絵になっていたジグソーパズルをピース単位に分解するようなもの。

歴列破綻

呪法の破綻。高確率で誘差連壊を起こす。

誘差連壊

律崩壊の特殊例。不規則(規則の算出が不能)なタイミングで複数の律崩壊が起きる。 各律崩壊の波が層を構成して、かなりの場合は多重構造となる。
同位層の律崩壊が互いに干渉するため、魔力の乱調が極めて激しく、あらゆる呪法の発動をほぼ阻害する。
層構造になった場合、各層ごとに律崩壊の解消を行わなければならないため、その沈静化はほぼ不可能、普通は波及し終わり現象が収まるまで、身を守ってただ待つしかない。
→理論上、反衝結界によって影響を抹消または軽減できる。

反衝結界

結界の一形態。接触した呪法(魔力波長)に対し、真逆の波長で干渉する。波長の相殺によって呪法を無力化するもの。
→まぁそんなわけで、やばい呪法を歴列破綻の誘差連壊で切り崩す、という戦法が取れる。後始末は反衝結界。激しく高等魔術の連打なので、こんなんやれるやつはレアですが……。
律崩壊の波及を制限するために結界を張って、自分の周囲にも自己保存用の結界を用意し、歴列破綻から誘差連壊を発生させ、対象呪法が失効したら、間髪いれず、自己保存用の結界を反衝結界に切り替えます。そのまま反衝結界を広げていって、最終的には範囲制限の結界を反衝結界とぶつけて終了。
範囲制限用結界、自己保存用結界、歴列破綻、と都合3つの呪法を制御し、そいつらの知覚プラス抹消対象呪法に誘差連壊を知覚し、挙句には反衝結界への切り替えと範囲拡大も行うので、もうアタマが大変な事になる。

術士団

階級

零師 ゼイリア(ゼイル)
壱師 イニア(イン)
弐師 ツイア(ツ)
参師 サリーア(サリ)
肆師 フォニア(フォン)
伍師 フィオイア(フィオ)

※()は階級数。階級名と階級数は、ともに古語。

奇跡屋

屋号と商売(仮)

  • 歌音Canon〈カノン〉
    表向きはオルゴール屋。唄・音の奇跡屋が裏家業。
  • 香籠〈かごめ〉
    店内には市販の香しかないが、実際は致死毒の香すら調合する薬師。
  • Mapping〈マッピング〉
    紙屋で、奇跡は地図。
  • 絡繰屋〈からくりや〉
    機械の修繕を行い、傀儡師として奇跡屋を営む。
  • 匣庭〈はこにわ〉
    小物入れから鳥篭まで用意している箱屋。奇跡は封じ。
  • 風流〈ふうりゅう〉
    硝子細工を主としたインテリアアイテムの店。裏家業では風屋を開いている。
  • 玄灯館〈げんとうかん〉
    照明器具を販売する。奇跡屋としては焔及び眠り(幻夢)。
  • 百花繚乱〈ひゃっかりょうらん〉
    花屋。市販するのはごく普通の植物だが、裏で大量の植物を取り扱う。
  • Colors of〈カラーズ オブ〉
    染色専門店。材料から完成品まで用意してあり、奇跡は色屋。
  • 千変万化〈せんぺんばんか〉
    万華鏡や鏡を販売している。扱う奇跡は反射・映視、稀に幻像。
  • 隠し庵〈かくしいおり〉
    守屋。これといった表家業はないが、時に占いを行う。
  • FLOWERING〈フラワリング〉
    花屋で、奇跡屋としては(花由来が主な)香屋を営業している。
  • essential〈イセンシャル〉
    酒屋
  • 端景〈はかげ〉
    対霊障を主とする奇跡屋。表家業はない。

幽世

地名のようなもの

  • 願いの宮
  • 黄昏の杜
  • 宵闇の森
  • 祈りの頂
  • 月の樹海
  • 天の海
  • 虚ろの都
  • 沈黙の谷
  • 落日の都
  • 和雅名

未分類

二重始名音

Fealius Pheel フィーリアス・フィール
Phate Faytire フェイト・フェイティア
Kirq Carleyel カーク・カーライル
Aldia Azcen アルディア・アズセン
Nire Neyfus ニア・ニーファス
Thunade Salaid サンエイド・サライド
Maridge Malien マリッジ・マリーン
Youtcere Yutikif ユトケア・ユティキフ
Ragion Lugnifz ラギオン・ラグニフズ
Toeighyu Toem トエイユ・トエム
Worldend Wereking ワールデンド・ワーキング
Ridire Redith リディア・リディス


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-08-24 (火) 20:24:37