gottaNi ver 1.0


神族(神軍の構成員)が翼をつけているのは何なのか。

まず初めにですね、忘却の刻や神代の月っていうのは、魔晶族が肉体を持っていない……とゆーか、肉体を創っていなかった頃です。

故に、彼らの覇権争い(?)というのは、木が倒れたり空が光ったりという、副次的?な現象が生じてから出ないと、「あ、戦ってるな」というのは分からない。
魔力に聡い種族(又は個体)も、各自のやり方で『視る』わけで、当時の魔晶族はこれといった姿のない存在だったの。
で、まぁあの世界にも重力ってのはあるんですが、重力ってのは物質にかかる。
肉体を創ってない以上、魔晶族に重力が関係あるのか? あんまりないです。
体ありゃ、肉とか血とかに重力かかるけどさー。魔力って物質じゃなさそーだしよ。
つー事で戦場は主に空。

地面に近いといろんな生物がいるでしょう。そいつら巻き込むと、力場が混乱すんのね、ものすっごい微弱な事が殆どですが、死にたくないって思いが呪になるから。
それを(戦いを)『視た』連中の話とか、上から光とか火とか降ってくんのに遭遇したり。そーゆー事がどんどん積み重なって、魔晶族は主に空にいる、という認識が成立する。

次の段階として、霊芝vs魔落時代。
霊芝は一般市民を巻き込むの嫌ってましたから、魔落の方はそれを利用した。
戦場を地上に持ってく事で、一般人(人外含む)を盾にしてたわけです。
その為、霊芝軍→空/魔落軍→地、霊芝軍→善/魔落軍→悪、って話になった。
で、空とべんだから羽とかあんだろ。良いヒト達みたいだしイメージカラー白だよね。と。
この認識があったから、神たる霊芝は白い翼をつけて行動する事にしたんです。

実はこれ、神族と飛妖の混同を誘発し、妖魔の『魔晶嫌い』の一因になりました。
魔王信仰者とか魔族とかに白翼が狩られ。神を信仰する者が黒翼狩りやって。
神族は神族で、ウサ晴らしに黒翼狩るし。いや、ソレ命令無視なんだけどさ。
翼が白かったばっかりに、弱って行き倒れた所を人間に見つかって「神の使いだ」とか、そんな感じで騒がれて祀られちゃって、あげく「妖魔だと!?さては魔族に洗脳されて神の名を貶めるために御使いのフリをしたんだろう!!」とか言われて襲われたり。


トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-15 (土) 11:55:00